【WordPress】サイト速度を改善してくれる「WP Fastest Cache」の正しい設定方法 |

【WordPress】サイト速度を改善してくれる「WP Fastest Cache」の正しい設定方法

 

「ブログ表示速度を改善したいけどどうしたらいいの…」

「キャッシュプライグインってたくさんあるけどなにがいいのかわからない…」

「難しいことはよくわからないから簡単に設定したい…」

記事の投稿数が増していくと、表示速度を改善しないといけない場面が来ますが、専門知識がないとなかなか難しいですよね…

 

こんにちは、Tomです。

今回は、WordPressのプラグインである「WP Fastest Cache」について解説していきます。

ブログを運営していると、記事数が増えていくうちに表示速度が遅くなったり、ページの動作が重くなったりすることがあります。
そういったときには普通、キャッシュ系のプラグインをいれて対応するのですが、いろいろなものがあってどれを選べばいいのか迷ってしまいます。

また、キャッシュ系プラグインというのは、テーマとの相性もあり、初心者にはなかなか手を出しづらいのも現状です。

そんな時に役立つのが、

「WP Fastest Cache」

というプラグインです。

「WP Fastest Cache」は私がこれまで使ってきたキャッシュ系プラグインの中で、一番設定がしやすく非常にオススメできるプラグインです。

また、多くのユーザーが使用しているテーマである「STORK(ストーク)」との相性も問題ありません。

今回は「WP Fastest Cache」の設定方法について解説してきます。

1.WP Fastest Cacheのインストール

まずは「WP Fastest Cache」をインストールしましょう。

まずは下のように、メニューから「プラグイン」→「新規追加」を選択します。

 

そして、「プラグインの追加」画面で赤枠の検索窓に「WP Fastest Cache」と入力しましょう。

 

「WP Fastest Cache」が表示されたら、赤枠の「今すぐインストール」をクリックします。

 

インストールが完了すると、下の図のように「有効化」に変化しますので、クリックします。

これでインストールは完了です。

2.WP Fastest Cacheの日本語化

インストールが完了したら、メニューに「WP Fastest Cache」が追加されますので、クリックしましょう。

 

すると下の図のように設定画面が表示されます。

 

各設定変更をする前に表示言語を「日本語」に変更しましょう。

下の図のように、「Language」のプルダウンをクリックします。

 

日本語」を選択します。

 

最後に「Submit」をクリックしましょう。

 

そうすると、表示言語が日本語に変更されます。

3.各設定項目

それでは、実際に設定をしていきましょう。

ちなみに、最終的にチェックする項目は下の図のようになります。

 

上の図のようにチェックをいれ、「変更保存」をクリックすれば設定は概ね完了します。
以下ではチェックする項目とそれぞれの項目について説明していきます。

そのため、各項目についての説明を省きたい場合は、上のようにチェックを入れ、「変更保存」をクリックし、「4.キャッシュの削除の設定」へ進んでください。

3-1.キャッシュ

キャッシュは、「WP Fastest Cache」のキャッシュを利用するかどうかの設定です。
そもそも、ここにチェックをしないと意味がなくなってしまうので、チェックを入れましょう。

3-2.Preload

「Preload」は、事前にキャッシュを作っておくかどうかの設定です。

普通、キャッシュというのは訪問者が訪問したタイミングで作成されるのですが、あらかじめ作成しておくことで、最初の訪問者に対しても表示速度を早くすることができます。

とても良い機能なのでここはチェックを入れていきましょう。

チェックを入れると、下の画面が表示されます。

 

下の図の赤枠で囲った部分は、どのページに対してキャッシュを作成しておくかの設定です。
全てにチェックを入れましょう。

 

「pages per minute」は1分間に何ページのキャッシュを作成するかの設定です。
あまり多すぎるとサーバーの負荷になるので、4つ程度にしておきましょう。

 

「Restart After Completed」は絶えずキャッシュを作成させるための設定です。
キャッシュを定期的にクリアする必要がなくなりますが、サーバーの負荷になるので、ここはチェックをいれなくて結構です。

 

最後に「OK」をクリックしましょう。

3-3.ログインユーザー

こちらの項目は、ログインユーザー(管理者)に対してキャッシュを表示させないようにするための設定です。

この項目をOFFにしてしまうと、あなたがブログの設定変更をして確認したい場合でも、キャッシュが表示されてしまいます。
設定変更した項目の表示を確認できるようにするために、チェックを入れておきましょう。

3-4.新しい投稿

「新しい投稿」は、新しい記事を投稿した際にキャッシュをクリアするかどうかの設定です。
記事を新しく投稿した際に、ちゃんと表示されるようにチェックを入れておきましょう。

チェックを入れると、下の画面が表示されます。

こちらは、新しい投稿をした際に、どのキャッシュをクリアするかの設定です。
「Clear All Cache」にチェックを入れて「OK」をクリックしましょう。新しい投稿をした際に、全てのキャッシュを削除するようになります。

3-5.Update Post

「Update Post」は記事ページや固定ページを更新した際にキャッシュをクリアするかどうかの設定です。

更新した際に、更新内容がされるようにここもチェックを入れておきましょう。

チェックを入れると、「新しい投稿」と同様に下の画面が表示されます。

こちらも、更新した際に、どのキャッシュをクリアするかの設定です。
こちらも「Clear All Cache」にチェックを入れて「OK」をクリックしましょう。更新した投稿をした際に、全てのキャッシュを削除するようになります。

3-6.HTMLの圧縮

「HTMLの圧縮」はHTMLを圧縮して、ページサイズを小さくしてくれます。その結果、ページの表示速度が若干早くなります。
同じような機能は「AutOptimize」というプラグインにもありますが、そういったプラグインを導入していない場合は、チェックを入れましょう。

3-7.CSSの圧縮

「CSSの圧縮」は、CSSにおける改行や空白を削除して、ページサイズを小さくしてくれます。こちらもページの表示速度が若干早くなります。
こちらも、「AutOptimize」などのプラグインを導入していない場合はチェックを入れましょう。

3-8.CSSの結合

「CSSの結合」は、CSSファイルを結合して、CSSを読み込む回数を減らすことができます。こちらもページの表示速度を改善してくれるものです。
こちらも、「AutOptimize」などのプラグインを導入していない場合はチェックを入れましょう。

3-9.JSの結合

「JSの結合」はJavaScriptファイルと結合して表示速度を改善することができます。「CSSの結合」と同じような効果です。
こちらも、「AutOptimize」などのプラグインを導入していない場合はチェックを入れましょう。

3-10.Gzip圧縮

「Gzip圧縮」はサーバーから送信されてくる「テキスト、HTML、XML、CSS、RSS、JavaScript、WEBフォント」といったサイトの元となるデータを圧縮してくれるものです。

これらのデータを圧縮することで、サーバーから送信されてくるデータ量を減少させることで高速化が図れます。チェックを入れていきましょう。

3-11.ブラウザキャッシュ

「ブラウザキャッシュ」は、ブラウザのキャッシュ機能を利用して、表示速度を改善してくれるものです。

こちらもチェックを入れていきましょう。

3-12.Disable Emojis

「Disable Emojis」はブログで絵文字を使用できなくするものです。

あなたのブログで絵文字を使用しない場合はこちらにチェックをいれましょう。

 

最後に、チェックをいれる項目は下のようになります。

変更を保存」をクリックして設定を完了しましょう。

4.キャッシュ有効期限の設定

キャッシュを利用すると表示速度が改善されるのはいいのですが、いつまでもキャッシュがクリアされないとブログにおけるさまざまな更新情報がいつまでも更新されない場合もあります。

そのため、キャッシュの有効期限を設定しておきましょう。

キャッシュの削除」のタブをクリックします。

一番下の「Add New Rule」をクリックします。

 

「Cache Timeout Wizard」画面が表示されます。
まずは、「IF REQUEST_URI」のプルダウンをクリックします。

 

全て」を選択します。

 

次に、「Then」の横のプルダウンをクリックします。

こちらはキャッシュを削除するタイミングを設定します。

 

あまり削除頻度をあげてもしょうがないので、「1日に1回」で良いでしょう。

 

最後に、時間を設定します。

 

訪問者が少ない時間帯にするといいと思います。私は「3:00」にしています。

 

「Save」をクリックして設定を完了します。

 

赤枠のように設定内容が表示されれば正常に設定できています。

5.キャッシュの削除方法

最後に、手動でキャッシュを削除する方法を説明します。

「WP Fastest Cache」で手動でキャッシュを削除する方法は2通りあります。

まずは、先ほどの「キャッシュの削除」タブに表示される、赤枠のボタンで手動削除ができます。

キャッシュの削除」は作成されたキャッシュが削除されます。

キャッシュと圧縮されたCSS/JSファイルを削除」は、文字通りキャッシュとCSSファイル/JavaScriptファイルも削除します。
基本的にはこちらを押しましょう。

 

次に、下の図のように管理画面の上部に表示されている「Clear Cache」にマウスのカーソルを合わせると、「Delete Cache」「Delete Cache and Minified CSS/JS」が表示されます。

Delete Cache」はさきほどの「キャッシュの削除」に対応します。

Delete Cache and Minified CSS/JS」は先ほどの「キャッシュと圧縮されたCSS/JSファイルを削除」に対応します。

そのため、基本的に下の「Delete Cache and Minified CSS/JS」をクリックしましょう。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか?

ブログの表示速度は、サイトの回遊率やユーザーの満足度に直結するため、キャッシュの対策というのはどうしてもとらないといけません。

「WP Fastest Cache」は設定も簡単で、不具合も少ないプラグインですので、ぜひ今回の記事を参考にして、導入してみてください。

それでは最後まで読んでくださりありがとうございました。