【2019年最新版】Search Console(サーチコンソール)の登録方法を徹底解説! |

【2019年最新版】Search Console(サーチコンソール)の登録方法を徹底解説!

「自分の記事がどういう検索ワードでヒットするのか知りたい…」

「自分の記事の検索順位ってわかるの…?」

「Googleの評価上げるためにはどうしたらいいの…?

ブログを始めたばかりだと、分からないことだらけですよね…

 

こんにちは、Tomです。

今回は、ブログを運営する上で絶対に必要なツールである「Search Console」の登録方法について解説します。

ブログやホームページのアクセス数を伸ばすには、「SEO対策」というものを行わないといけません。
そして、この「SEO対策」を行う上でなくてはならないツールが「Search Console」です。

 

そもそも「SEO対策」とはなんでしょうか?

「SEO」というのは、「Search Engine Optimization」の略で、日本語に訳せば「検索エンジン最適化」という意味になります。

日本語に訳されても何のこっちゃよくわかりませんが、要するに、

「GoogleはよりよいWebサービスをユーザーに提供するために、検索結果に表示される結果をより最適なもの(有益なもの)にしていこうとしている。」

ということです。

そして、検索結果に表示される内容を決めているのが、「検索エンジン」と呼ばれるものです。

そのため、「SEO対策」とは、Googleが行う「検索結果の最適化」において、自分のWebサイトを高く評価してもらうための対策のことを言うのです。

「SEO対策」がどれだけ大切かおわかりいただけたでしょうか?

「Search Console」は「SEO対策」をする上でなくてはならないツールなので、必ず導入するようにしましょう。

それでは、「Search Consoleの登録方法」について詳しく解説していきます。

Search Consoleとは?

Search Consoleとは、GoogleがWebサイトの運営者向けに提供している、サイトの計測ツールです。

あなたのブログやホームページで、

  • 各ページが正常にGoogleに登録されているか
  • 検索結果においてどのように表示されているのか
  • エラーが発生していないか

といった、様々な情報を「Search Console」で確認することができます。

具体的には、

  • ページごとのクリック数
  • ページの検索結果表示回数
  • ページのクリック率
  • ページの検索順位

などを計測して表示してくれます。

これらの情報を分析して、SEO対策を行なっていく訳ですが、その分析方法については別の記事で解説したいと思います。

今回の記事では、「Search Console」の登録方法に特化して、解説していきます。

Search Consoleの登録方法

それでは実際にSearch Consoleを登録する方法を解説していきます。

二つの登録方法

Search ConsoleにWebサイトを登録する方法は2つあります。

  • ドメインを登録する方法
  • URLを登録する方法

の2つです。

これらの二つの登録方法のメリット・デメリットと、実際の登録方法について解説していきます。

ドメインを登録する方法のメリットとデメリット

まずは、「ドメインを登録する方法」です。

この方法では、「〇〇.com」というドメインを計測対象として登録します。

そうすると、「httpとhttpsの違い」や「wwwのあり・なし」は関係ありません。 

つまり、

  • https://〇〇.com
  • https://www.〇〇.com
  • http://〇〇.com
  • http://www.〇〇.com

のすべてのURLに対するアクセスを計測して、「〇〇.com」の結果として表示してくれます。

そのため、上の4つのURLをすべて登録しなくても、あなたのブログやホームページの情報を正しく計測することができます。

これがメリットです。

ではデメリットはなにか?

それは、この方法では、「Google Analytics」と呼ばれるGoogleの別のツールとの連携ができないことです。

「Google Analytics」に関する詳しい情報は別の記事にまとめたいと思いますが、「Google Analytics」はSEO対策をする上で非常に重要なツールです。

なので、必ず連携させる必要があります。

そのため、この「ドメインを登録する方法」はあまりおすすめしません。

URLを登録する方法のメリットとデメリット

次に、「URLを登録する方法」について説明します。

 

例えば、「https://〇〇.com」というURLのブログAがあったとします。

この時、「URLを登録する方法」では、「https://〇〇.com」というURLを対象にして、検索順位やクリック数を計測します。

 

しかし、先ほど少し説明しましたが、例えば、ブログAへは、

  • https://www.〇〇.com
  • http://〇〇.com
  • http://www.〇〇.com

といったURLからもアクセスすることができます。

httphttpsの違いは、ブログへのアクセスが暗号化されているかどうかです。
また、wwwがあってもなくても、どちらでも同じブログにアクセスすることが可能です。

ユーザーにとってはあまり関係ないのですが、GoogleにとってはそれぞれURLが異なるため、全く違うサイトとして認識されます。

そのため、インターネット上で、「https://www.〇〇.com」と「https://〇〇.com」のどちらにもアクセスが可能な状況だと、全く同じブログAのはずなのに、Googleにとっては全く別のブログとして認識されてしまいます。

そうすると、「ブログAへのアクセス数」や「記事のクリック数」は別々に計測されてしまいます。

なので、「https://〇〇.com」というURLを登録しただけでは、実際のブログAの情報を正しく計測できない可能性があります。

これがこの方法のデメリットです。

 

ここまで聞くと、

「じゃあ、ドメインを登録する方法の方がいいんじゃない?」

と思ってしまいますが、私は「URLを登録する方法」をおすすめします。

なぜなら、「Google Analytics」との連携が可能だからです。

 

先ほどもご説明しましたが、「Google Analytics」はブログやホームページを運営しているなら必ず導入しないといけない重要なツールです。

その重要なツールと連携できないのは「百害あって一利なし」です。

先ほど説明したデメリットがどうでも良くなるくらい、「Google Analytics」との連携は重要です。

なので、「Search Console」の登録は「URLを登録する方法」で行いましょう。

「ドメインを登録する方法」

前置きがだいぶ長くなりましたが、実際の登録方法について解説していきます。

おすすめしていませんが、「ドメインを登録する方法」も一応解説しておきます。

私のアドバイス通り「URLを登録する方法」で「Search Console」の登録を行う場合は、読み飛ばしてください。

 

それでは作業に移りましょう。

まず、Googleアカウントは取得済みであるとして、次に進みます。

次に、Search Consoleにアクセスします。
ログインしたら、下の画面に移行しますので、左側の「ドメイン」の方に、あなたのドメインを入力します。

 

例えば、私の場合は、運営しているブログのドメインである「tomslifestylelab.com」と入力します。
ドメインを入力したら、「続行」をクリックしましょう。

 

そうすると、下の図のように「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」が表示されます。

 

これは、あなたのドメインが本当にあなたのものなのかを確認しないといけないことを示しています。

そのため、これから、あなたのドメインであることを証明するための作業を行なっていきます。

 

まずは、上の図の赤枠で囲ってある「google-」から始まる文字列をコピーしてください。
この文字列をサーバーに設定することで、あなたにドメインの所有権があることを確認します。

サーバーでの設定に移りますので、ひとまず「後で確認」をクリックしましょう。

 

ここからは、契約しているサーバーでの設定を行なっていきます。
なお、今回はXサーバーでの解説になります。

まずは、Xサーバーのトップページで、「ログイン」→「インフォパネル」をクリックします。

 

ログイン画面に移行しますので、ログイン情報を入力して、ログインしてください。

 

インフォパネルのページに移行しますので、下の図の赤枠の「サーバー管理」をクリックします。

 

サーバーパネルのページに移行しますので、下の図の赤枠の「DNSレコード設定」をクリックします。

 

使用中のドメインが表示されますので、Search Consoleに登録したいドメインで「選択する」をクリックします。

例えば、私の場合は「tomslifestylelab.com」を登録しますので、その横の「選択する」をクリックします。

 

そうすると、下の画面になりますので、赤枠で囲った「DNSレコード追加」タブをクリックします。

 

下の図のように、設定画面が表示されます。

 

まず、下の図の赤枠のように、「種別」のところを「TXT」に変更します。

 

そして、先程コピーした「google-」から始まる文字列を「内容」欄に貼り付けます。

 

最後に、「確認画面へ進む」をクリックします。(ホスト名には何も入力しなくても大丈夫です。)

 

最後に、「追加する」をクリックします。

 

そして、下の図のように、メッセージが表示されれば、正常に追加されています。

 

これでXサーバーでの作業は完了です。
それでは、Search Consoleに戻って作業の続きを行いましょう。

Search Consoleに戻って、下の図のように、「プロパティを検索」をクリックします。

 

そして、「未確認」欄にある先程追加したドメインをクリックします。
私の場合は、「tomslifestylelab.com」をクリックします。

 

プロパティを追加した時と同じ画面が表示されますので、今度は「確認」をクリックします。

 

ここで、サーバーの反映が完了していない場合は、下の図のような画面が表示されますので、反映されるまで少し待ちましょう。
だいたい10分くらいで反映されますが、状況によりますので、気長に待ちましょう。

 

サーバーでの反映が完了した後に「確認」をクリックすると、下の図のような画面が表示されます。

「プロパティに移動」をクリックしましょう。

 

そうすると、あなたのドメインの計測結果が表示されます。

今回登録した私のブログはまだ始めたばかりのブログですので、上の図のように統計データがほぼありません。
おそらくあなたのブログも同じように、ほぼデータがないような状況だと思います。

ブログを始めた当初はまだアクセスが集まっていない状況なので、しょうがないです。
しかし、アクセスが集まってきたら、このSearch Consoleを活用して、ブログを育てていく必要がありますので、必ず登録しておく必要があります。

URLプレフィックスを登録する方法

それでは次に、「URLを登録する方法」を解説していきます。
ここでは、3つの方法をご紹介しますが、全てを行わないといけないわけではありません。

どれか一つの方法で所有権の確認を行えばいいだけですので、あなたが出来そうだと思う方法で行なってください。

 

それでは作業に移りましょう。

Search Consoleにアクセスしたら、下の図のように、右側の「URLプレフィックス」にあなたのブログやホームページのURLを入力しましょう。

例えば私の場合は、ブログのURLである「https://tomslifestylelab.com」と入力します。

入力したら、「続行」をクリックしましょう。

 

そうすると、下の図のように「所有権の確認」の画面が表示されます。

ここでは5つの方法が表示されますが、「Googleタグマネージャー」については、解説しません。なぜなら、私が全く使ったことがないツールだからです。

自分がよくわからないものを解説できませんので、ご了承ください。

また、「HTMLタグ」と「Google Analytics」を使った方法もボリュームが多すぎるため、解説しません。

ほかの2つの方法のどれかを使えば必ずうまくいきますので、他の2つの方法で所有権の確認を行なってください。

 

それでは、1つずつ解説していきます。

HTMLファイルをアップロードして確認する

まずは、「HTMLファイルのアップロード」であなたにURLの所有権があると確認する方法です。

先程の「所有権の確認」の画面で、赤枠の「HTMLファイル」をクリックしてください。

 

そうすると、下の図のように表示されますので、赤枠のボタンをクリックして、ファイルをダウンロードしてください。

 

私の場合はMacを使っているので、下の図のように表示されます。

「ファイルを保存する」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

Windowsの場合も、ファイルを保存するための画面が表示されますので、画面にしたがってファイルを保存してください。

 

ファイルを保存したら、そのファイルをあなたのブログやホームページにアップロードします。

ファイルのアップロードは、契約しているサーバーで行います。

Xサーバーのトップページにアクセスしたら、「インフォパネル」をクリックします。

 

ログイン画面が表示されますので、ログイン情報を入力してログインしてください。

 

下の図のように、「インフォパネル」の画面が表示されますので、赤枠の「ファイル管理」をクリックしてください。 

 

下の図のようにあなたのサーバー上のファイルが表示されますので、あなたのブログやホームページのドメインをクリックしてください。

例えば、私の場合なら「tomslifestylelab.com」という名前のフォルダをクリックします。

 

そうすると、フォルダの中身が表示されますので、下の図の赤枠の「pubic_html」をクリックしてください。

 

そうすると、「pubic_html」フォルダの中身が表示されます。

このフォルダの中身があなたのブログやホームページの形を決めている大切なファイルです。

ここに、先ほど保存したファイルをアップロードすることで、所有権の確認を行うことができます。

下の図のように、赤枠の「選択」をクリックしてください。

 

そして、先ほど保存したファイルを選択してください。

ファイルを選択すると、下の図の赤枠のようにファイル名が表示されますので、「アップロード」をクリックしてください。

 

正常にアップロードが完了すると、下の図の赤枠のように、アップロードしたファイルが表示されます。

これでXサーバーでの作業は完了です。

 

もう一度、「Search Console」の画面に戻って、赤枠のように「確認」をクリックしてください。

これで完了です。

ドメイン名プロバイダで確認する

続いて、「ドメイン名プロバイダ」で確認する方法を解説していきます。

 

「ドメイン名プロバイダ」の欄をクリックすると、下の図のように表示されます。

上の図で赤枠で囲った「TXTレコード」をあなたが契約しているサーバーで登録すれば、所有権の確認を行うことができます。

こちらの画面後ほど使いますので、開いたままにしておいてください。

 

それでは次にサーバーでの登録に移ります。

なお、今回はXサーバーでの登録方法を解説していきます。

Xサーバーのトップページにアクセスして、下の図のように「インフォパネル」をクリックしてください。

 

そうすると、ログイン画面が表示されますので、ログイン情報を入力して、ログインしてください。

 

下の図のようにインフォパネルが表示されますので、赤枠の「サーバー管理」をクリックしてください。

 

すると、サーバーパネルが表示されますので、赤枠の「DNSレコード設定」をクリックしてください。

 

「ドメイン選択画面」が表示されますので、「Search Console」に登録したいドメイン横の「選択する」をクリックしてください。

例えば、私の場合は「tomslifestylelab.com」を登録したいので、その横の「選択する」をクリックします。

 

そうすると、「DNSレコード設定」が表示されます。

下の図の赤枠内を設定していきます。他の欄は何もいじる必要はありません。

 

まず、下の図の赤枠のように「種類」のところを「TXT」に変更してください。

 

次に、「内容」のところに、先ほどのTXTレコードをコピーしてください。

 

2つの設定を変更した画面は、下の図のようになります。

最後に「確認画面へ進む」をクリックしてください。

 

すると、下の図のように確認画面が表示されますので、赤枠の「追加する」をクリックしてください。

 

下の図のように表示されれば、正常に設定が完了しています。

 

そうしたら、「Search Console」の画面に戻って、赤枠の「確認する」をクリックしてください。

これで、完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の手順で「Search Console」の登録は出来そうでしょうか?

記事内で解説している手順に沿って作業を行なっていけば、必ず登録できます。

Search Consoleはブログを運営しているなら必ず使ったほうがいいツールですので、今回の記事を参考にして、必ず登録するようにしてください。

 

WordPressの操作方法や設定方法についても解説していますので、ぜひご覧ください。

【WordPress】バックアップに便利なプラグイン「BackWPup」とは? 【WordPress】文字列を一括で置換できるプラグイン「Search Regex」の使い方 【WordPress】サイト速度を改善してくれる「WP Fastest Cache」の正しい設定方法

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました。