【徹底解説!】どうやってMacにPacketTracerをインストールするの? | LIFESTYLE LAB

【徹底解説!】どうやってMacにPacketTracerをインストールするの?

こんにちは、Tomです。

今回は、

「MacにCiscoPacketTracerをインストールする方法」

について解説していきます。

早速行きましょう!

1.はじめに

まずはじめに、Cisco社のPacketTracerにはMac版はありません

「えっ!?じゃあどうするの?

と心配する必要はありません。

今回は、MacにインストールしたVirtualBox上にUbuntuをインストールして、UbuntuにPacketTracerをインストールします。

「はぁ?」

って感じですよね。

しかし大丈夫です。だいぶややこしいですが、順を追って作業をしていけばちゃんとできますので、安心してついてきてください。

ちなみに、MacにVirtualBoxをインストールし、その上でUbuntuをインストールする方法は下の記事にまとめましたのでそちらをご覧ください。

MacのVirtualBox上にUbuntuをインストールする方法

今回は、MacのVirtualBox上にUbuntuがインストールされた状態を前提に話を進めて行きますので、必ず上の記事の作業は済ませておいてください。

2.PacketTracerのファイルをダウンロード

今回は、LinuxOSであるUbuntuにPacketTracerをインストールします。
そのため、まずは、下の記事を参考にして、Linux用のデータをダウンロードしてください。

CiscoPacketTracerインストールまでの2ステップ

3.PacketTracerをインストール

次に、今後の作業用に設定を変更します。

まずは、VirtualBoxを起動します。
そして、Ubuntuを選択して「設定」をクリックします。

一般」タブの「高度」を選択して、

  • クリップボードの共有
  • ドラッグ&ドロップ

の2つの項目を「双方向」に変更します。

設定変更が完了したら、Ubuntuを起動します。

Ubuntuの起動後、下の画面のようにファイルのアイコンをクリックします。

「他の場所」をクリックして、「コンピューター」をクリックします。

表示されたフォルダ群から、「tmp」をダブルクリックします。

tmp」フォルダが表示されたら、「2.PacketTracerのファイルをダウンロード」でダウンロードしたファイルをドラッグ&ドロップします。

ドラッグ&ドロップが完了したら、デスクトップで右クリックし、「端末を開く(E)」をクリックします。

端末」が起動したら、下のコマンドを入力して「tmp」フォルダに移動します。

$ cd /tmp
$

次に、「tmp」フォルダ上に適当な名前のフォルダを作成します。今回は、「PTinstall」としました。

$ mkdir PTinstall
$

フォルダの作成が完了したら、先ほど「tmp」フォルダに移動させたPacketTracerのファイルを解凍します。
コマンドは以下の通りです。

$ sudo tar xvzf 'Packet Tracer 7.2.1 for Linux 64 bit.tar.gz' -C PTinstaller
$

パスワードの入力を求められるので、パスワードを入力します。

解凍が完了すれば、下の図のように、プロンプトが表示されます。

そして、先ほど作成してフォルダに移動します。

$ cd PTinstall/
$

ここで、下のコマンドでPacketTracerのインストールを開始します。

$ ./install
$

下の図のように、表示されたら「Enter」を押します。

規約が表示されますので、「Space」キーでスキップします。

下の図のように表示されたら、「y」を入力して「Enter」を押します。

続けて、「y」を入力して「Enter」を押します。

Enter」を押します。

こちらも「y」を入力して「Enter」を押します。

下の図のように、プロンプトが表示されたら、下のようにコマンドを入力して再起動します。

$ reboot
$

もう一度、Ubuntuを起動します。

起動したらもう一度「端末」を起動して、下のコマンドを入力します。

$ cd /opt/pt/bin
$

移動したら、PacketTracerを起動するために、下のコマンドを入力します。

$ ./PacketTracer7
$

うまく起動できれば、下の図のようにログイン画面が表示されます。

ログインが完了すれば、PacketTracerを使用できます。

4.起動できないときの対処

私もそうでしたが、PacketTracerの起動コマンドを実行しても、下のように表示されて起動できませんでした。
原因は、「libpng12.so.0」というライブラリファイルが存在しないためです。

なので、そのライブラリファイルをインストールしましょう。

まず、「tmp」フォルダに移動します。

$ cd /tmp
$

そして、以下のコマンドを入力して「libpng12.so.0」をダウンロードします。

$ wget https://ftp.us.debian.org/debian/pool/main/libp/libpng/libpng12-0_1.2.50-2+deb8u3_amd64.deb
$

ダウンロードが完了すれば、以下のようにプロンプトが表示されます。

ダウンロードした「libpng12.so.0」をインストールするため、以下のコマンドを実行します。

$ sudo dpkg -i libpng12-0_1.2.50-2+deb8u3_amd64.deb
$

インストールが完了すれば、以下のようにプロンプトが表示されます。

インストールが完了したら、もう一度PacketTracerを起動してみましょう。

$ cd /opt/pt/bin
$

$ ./PacketTracer7
$

なお、上のライブラリファイルをインストールしてもエラーが出る場合があります。
その場合は、私も参考にしたこのサイトを参考にしてください。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?

PacketTracerのMac版はありませんが、今回の手順を行えばMacでもPacketTracerを利用することができます。
PacketTracerはネットワークを勉強する上で非常に便利なアプリなので、ぜひインストールしてください。

それでは、今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。