【WordPress】文字列を一括で置換できるプラグイン「Search Regex」の使い方

ブログのURLを変更したけど、内部リンクを一個一個編集するのが大変…

記事の中のショートコードを一気に編集したい…

ブログを運営していると、一括で文字を変更したい場面って結構ありますよね。

 

今回は、そんな悩みを解決するために、WordPressのプラグインである「Search Regex」について解説します。

 

ブログを運営していると、サイトドメインを変更したり、画像URLを変更したりして、記事内の内部リンクを一気に編集したいってことが結構ありますよね。

 

そんな時に役立つのが、

「Search Regex」

というプラグインです。

 

「Search Regex」では、自分が変更したい文字列(単語でも、URLでも、ショートコードでも)を検索して、一気に別の文字列に置き換えることが可能です。

 

このプラグインをインストールすれば、いろんな場面で役に立ちますので、一緒に、「Search Regex」の使い方を学んでいきましょう!

 

今回の内容は以下の2点です。

  • 「Search Regex」のインストール方法
  • 「Search Regex」の使い方

Search Regexのインストール

まずは、「Search Regex」をインストールしましょう。

 

下の図のように、WordPressのサイドバーの「プラグイン」から「新規追加」を選択してください。

 

そして、「プラグインを追加」の画面に移ります。
赤枠の検索窓に追加したいプラグインの名前を入力すれば、プラグインを検索することができます。

 

赤枠に「Search Regex」と入力します。

 

「Search Regex」が表示されたら、赤枠の「今すぐインストール」をクリックします。

 

そうすると、「インストール中」になります。

 

インストールが完了すると、下の図の赤枠のように「有効化」に変わるので、クリックしましょう。

 

これでインストールは完了です。今度は「Search Regex」の画面へ移動しましょう。

「Search Regex」を使うには、下の図のように、「ツール」から「Search Regex」をクリックしてください。

 

そうすると、「Search Regex」の画面が表示されます。

実際に操作する画面はこちらの画面ですので、表示方法を覚えておいてください。

Search Regexの各項目

それでは次に、「Search Regex」の項目について説明していきます。

 

Source(置換を行う対象)

Source」は、置換を行う対象を選択する項目です。

下の図の赤枠の部分で「Source」を設定できます。

 

選択すると、下の画面のように、プルダウンボックスが表示されます。

 

各置換対象の内容は、以下の通りです。

  • Comment auther:コメント作成者
  • Comment auther email:コメント作成者のメールアドレス
  • Comment auther URL:コメント作成者のURL
  • Comment content:コメントの内容
  • Post content:記事の内容
  • Post excerpt:記事の抜粋
  • Post meta value:記事のカスタムフィード
  • Post title:記事タイトル
  • Post URL:記事のURL(パーマリンク)

非常にたくさんありますが、おそらく主に使うのは、「Post content:記事の内容」だと思います。

 

「Source」はデフォルトで「Post content」になっていますので、そのままで大丈夫です。
他の項目を置換対象にすることもできますので、あなたの目的に合わせて変更してください。

 

Limit to(処理の上限数)

Limit to」は置換を行う処理の上限数を設定する項目です。

 

選択をすると、下の図のように、処理の上限数を「10、25、50、100」から選べます。

 

検索条件によっては、置換対象の数が膨大になる可能性もありますので、場合によって上限を設定する必要があります。

検索した結果をしっかり確認してから置換したいときは、設定するといいですね。

 

Order By(検索結果の並び順)

Order By」は検索結果の並び順を設定することができます。

 

選択すると、下の図のように

  • Ascending:昇順
  • Descending:降順

から選ぶことができます。

検索結果の表示順を変更できますが、あまり使うことはありません。

 

Search pattern(検索する文字列)

「Search pattern」は検索したい文字列を入力する欄です。

こちらに入力された文字列が検索されます。

 

Replace pattern(置換する文字列)

「Replace pattern」は置換したい文字列を入力する欄です。

「Search pattern」に入力した文字列を、「Replace pattern」に入力した文字列に置換します。

 

Search(検索ボタン)

Search」ボタンを押すと、「Search pattern」に入力された文字列を置換対象から検索します。

「Search」ボタンでは、検索だけをするので、置換したい文字列がどれだけあるのかを検索して調べることもできます。

 

Replace(置換ボタン)

Replace」ボタンを押すと、「Search pattern」に入力した文字列を、「Replace pattern」に入力した文字列に、置換します。

ただし、置換したらどうなるかを表示するだけで、実際に置換するわけではないので、まだ中断することができます。

 

Replace&Save(置換と保存ボタン)

「Replace&Save」ボタンは、実際に置換をして保存するボタンです。

こちらのボタンを押すと、もう後戻りすることはできないので、こちらのボタンを押す前にもう一度確認しましょう。

 

実際の使い方

それでは、実際の使い方を見ていきましょう。

今回は、このブログ記事の内容から、「ネットワーク」という単語を検索して、「Network」へ置換してみます。

 

まずは下の図のように、「Search pattern」に「ネットワーク」と入力します。

 

そして、「Search」ボタンを押します。

 

そうすると、下の図の赤枠のように、「Results」欄に結果が表示されます。

 

それでは、検索結果に表示された「ネットワーク」を「Network」に変換してみましょう。

下の図のように、

  • Search pattern:ネットワーク
  • Replace pattern:Network

と入力します。

 

そして、「Replace」ボタンをクリックします。

 

そうすると、「Results」に、置換した場合の結果が表示されます。

 

最後に、「Replace & Save」をクリックします。

 

すると、下の図のように、結果が表示されます。

今回は、このブログの中で、639個の「ネットワーク」が「Network」に変更されました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ブログを運営していると、「まとめて一気に編集したい!」という場面が何度もあります。

 

そんな時は、「Search Regex」が非常に便利です。

今回のように、記事内のある単語を変更するだけでなく、使い方によっては、ショートコードやURLなども思い通りに変更できます。

 

ブログを運営していく上で、「Search Regex」はインストール必須のプラグインです。

ぜひ、今すぐインストールして、ブログ運営をもっと楽にしましょう!

 

それでは今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。