WordPressでブログを始めるための5ステップ(初心者向け)

ブログを始めたいけど、何から始めれば良いのかわからない…

 

今回は、そんな方のために、ブログの始め方を完全初心者でもわかるように、丁寧にわかりやすく解説します!

 

今回は、ブログ、ホームページを開設するために必要な以下の手順を解説します。

  • ドメイン取得
  • サーバーの登録
  • ドメインとサーバーの紐付け
  • WordPressのインストール
  • 『http』を『hppts』に変更

 

どれも聞きなれない単語ばかりで自分にできるか不安…

それに、ドメイン取得とかサーバー設定とか難しそう…

 

はい、不安に思う気持ちはわかります。

 

しかし、今回の手順に沿って作業を行えば、必ずブログやホームページを開設できますので、安心してください。

 

それでは一緒に作業を進めていきましょう!

新規ドメイン取得

まずは、あなたのブログやホームページにアクセスするための「ドメイン」というものを取得する必要があります。

ドメインとは?

ドメインというのはインターネット上でWebページにアクセスするための住所のようなものです。

 

例えば、

  • google.com
  • amazon.co.jp
  • yahoo.co.jp

といったものを「ドメイン」と言います。

 

これらがインターネット上で、そのサイトやブログの場所を表す「住所」のようなものなのです。

 

友達の家の住所がわからないと家にたどり着けないのと同じように、インターネット上の住所である「ドメイン」がわからないと目的のサイトを見ることはできません。

 

だから、GoogleやAmazonのページを見るには、先ほどのドメインにアクセスしないといけないのです。

 

そして、こういったインターネット上の住所をあなたのブログやホームページ用に取得する必要があります。

市役所で住民票を登録するようなものです。

手続きも全く難しくないので安心してください。

ドメイン管理会社

ドメインを取得するためには、ドメイン管理会社でドメインを契約する必要があります。

ただ、さまざまな会社があって迷ってしまうかもしれません。

 

そのため、私はムームードメイン をオススメします。

ムームードメイン をオススメする理由

ムームードメインをオススメする理由は2つです。

  • 国内最大級のドメイン取得サービスである。
  • 業界最安値のドメインが多い。

他にもたくさんありますが、初心者の方が抑えておくべき点はこの2点です。

 

それでは、ムームードメインでドメインを取得していきましょう!

ドメインを決める

まず、ムームードメインにアクセスしましょう↓

 

ムームードメインのトップページに移行しますので、「欲しいドメインを入力」の欄に、あなたが取得したいドメインを入力して「検索する」をクリックしてください。

※この時に、「.com」とか「.jp」まで入力する必要はありません。

 

ドメインを決める際のコツ

ドメインを決める際にはコツがあります。

 

ドメインは、あなたのブログ名やお店の名前に合わせて自由に決めていいのですが、希望のドメインがすでに取得されている場合があります。

 

例えば、私の場合なら、本当は「lifestylelab.com」というドメインが欲しかったのですが、すでに取得されていました。

そこで、

  • tomslifestylelab.com 
  • lifestyle-lab.com
  • lifestylelab111.com

 

など、いろいろ考えた結果、「tomslifestylelab.com」というドメインにしました。

 

このように、自分が欲しいドメインがすでに取得されていた場合は、数字をつけたり、ハイフンを挟んだり、文字を加えたりして、少しアレンジしてみると、まだ取得されていないものがあったりします。

 

それでは手順に戻りましょう。

取得したいドメインを入力すると、下の図のように取得可能なドメインが表示されるので、取得したいドメインで「カートに追加」をクリックします。

 

 

MEMO

ここでは「.com」「.net」「.jp」などさまざまなドメインが表示されますが、私のオススメは「.com」です。

 

なぜなら、「.com」は比較的安いですし、見慣れたドメインなので、ブログやホームページの信用も得られます。

 

実際、「.com」や「.jp」以外にもたくさんありますが、見たこともないドメインを選ぶのはオススメしません。

 

なぜなら、ブログやホームページの訪問者があなたのドメインを怪しく思い、アクセスを躊躇する場合もあるからです。

 

例えば、あなたも見たことがない「.xyznet」(実在しません)なんてドメインだったら怪しくてアクセスを躊躇しませんか?

 

そのため、取得するドメインは、「.com」「.jp」「.net」あたりがいいでしょう。

 

ここでは、「〇〇.net」をカートに追加しています。

「カートに追加」をクリックすると、下の画面が表示されるので、「お申し込みへ」をクリックします。

 

そうすると、ログイン画面に遷移します。
一番下の「新規ユーザー登録」をクリックしましょう。

 

次の画面で、使用するメールアドレスパスワードを入力して、「利用規約に同意して登録」をクリックします。

 

ドメインの申込・支払い

そうすると、申し込み内容の入力画面に遷移します。
それぞれの項目を入力していきましょう。

ドメイン設定」の項目は、

  • WHOIS公開情報:「弊社の情報を代理公開する」
  • ネームサーバ(DNS):「ムームーDNS」

と選択します。

 

連携サービス同時お申込み」はレンタルサーバーの案内です。
今回はエックスサーバーを利用するので、チェックを入れません。

 

ムームードメインforWPホスティング」はWordPressを利用できるオプションです。
後ほど、エックスサーバーでWordPressを利用するので必要ありません。チェックは入れません。

 

ムームーメール」は利用したい場合、チェックを入れてください。すでにメールアドレスを持っているならあまり必要ないと思います。

 

次に、「お支払い」は利用したい支払い方法を選んで入力してください。

最後に「次のステップへ」をクリックします。

そうすると、いろんなサービスの紹介画面が表示されます。

必要なければ、「次のステップへ」をクリックします。

 

次に、ユーザー情報入力画面が表示されるので、各項目を入力します。

最後に「次のステップへ」をクリックします。

 

内容確認画面が表示されます。それでよろしければ、「利用規約」に同意して、「取得する」をクリックします。(※支払いが完了します。

以上でドメイン取得は完了です。

これであなただけのドメインを取得することができました。

エックスサーバーの登録

サーバーとは

ドメインを取得しましたが、実はドメインを取得しただけでは、ブログやホームページを開設することはできません。

なぜなら、あなたのブログやホームページの「元となるデータを保管するための場所」が必要となるからです。

 

先ほども言いましたが、ドメイン取得は「住民票の登録」でしかありません。

住所を登録しても、実際に家や部屋がなければ住めないですよね。

 

そのため、インターネット上であなたのブログやホームページのデータを保管する場所(家や部屋)を借りる必要があります。

その場所を「サーバー」と言います。

 

そして、マンションと同じように、「レンタルサーバー」というサービスがあって、データの保管場所を借りることができます。

 

レンタルサーバー

ドメインと同じように、レンタルサーバーにもさまざまな会社のものがありますので、迷ってしまうかもしれません。

そのため、私はエックスサーバー をオススメします。

エックスサーバー をオススメする理由

エックスサーバーをオススメする理由は2つです。

  • エックスサーバーを使用しているブロガーが多いため、わからないことは調べれば解決策がどんどん出てくる。
  • 料金面で他社に劣る部分がほとんどない。
  • サポートが充実している。

他にもありますが、初心者の方にとっては、この3点が非常に重要です。

それでは、エックスサーバーを登録していきましょう。

サーバーの申込

まずは、エックスサーバーにアクセスします↓



エックスサーバーにアクセスしたら、「お申し込み」をクリックします。

 

下の画面が表示されるので、「お申込みフォーム」をクリックします。

 

次に「新規お申込み 10日間無料お試し」をクリックします。

 

下の画面のように、お申込みフォームに遷移しますので、各項目を入力してください。

サーバーID(初期ドメイン)」は、今後ログインする際のIDになりますので、覚えやすいものを自由に入力してください。

プランは「X10」で十分だと思います。個人用ブログやホームページではX10で十分です。私もX10です。

会員情報」を入力したら、最後に「お申し込み内容の確認」をクリックします。

 

そうすると、下の図のように、入力内容の確認画面が表示されるので、よろしければ「お申し込みする」をクリックします。

これで、申し込みは完了です。

 

登録したメールアドレスにログイン情報が送られてくるので、エックスサーバーにログインしてみましょう。

まずは「インフォパネル」にログインします。
エックスサーバーのトップページで、「ログイン」の「インフォパネル」をクリックします。

 

そうすると、下のようにログイン画面が表示されるので、メールに送られてきた情報を入力して「ログイン」をクリックします。

 

インフォパネルに「サーバー」という項目があるので、「操作メニュー」の「サーバー管理」をクリックします。

 

そうすると、下のようにサーバーパネルに遷移します。

今後、このサーバーパネルで様々な設定を行います。そのため、サーバーパネルへのログイン方法は忘れないようにしておきましょう。

 

ネームサーバーの設定

ドメインを取得しました。レンタルサーバーも借りました。

それでは次に、取得したドメインをインターネット上で検索できるようにするために、ネームサーバーというものを登録します。

 

ネームサーバーについての詳しい説明は割愛しますが、ネームサーバーを設定しないとあなたのドメインを検索することはできないので、必ず行わなければいけない作業です。

 

この作業は、郵便局に行って「ここに住むことにしたから郵便物が届いたらちゃんと送ってね」と言いに行くような感じです。

それでは作業に移りましょう。

ネームサーバー情報の確認

まずは、エックスサーバーでネームサーバーの情報を確認します。

先程ログインしてもらった、エックスサーバーのサーバーパネルで 「アカウント」欄にある「サーバー情報」をクリックします。

 

そうすると、下の画面が表示されます。

赤枠で囲った「ネームサーバー1〜5」に書いてあるドメインをメモしてください。

この画面を開いたままにしておいても構いません。

この「ネームサーバー1〜5」の情報をムームードメインに設定します。

ムームードメインに設定

まず、ムームードメインにログインします。

 

ログインしたら、「ドメイン操作」から「ネームサーバ設定情報」をクリックします。

 

「コントールパネル」が表示されるため、取得したドメインの「ネームサーバ設定変更」をクリックします。

 

すると、「ネームサーバ設定変更」画面へ移ります。
赤枠の「GMOペパボ以外のネームサーバを使用する」にチェックを入れます。

 

下の図のように、ネームサーバを入力できるようになりますので、先ほどエックスサーバーで確認した、「ネームサーバー1〜5」の情報を入力します。

 

入力した状態が下の図です。

 

最後に「ネームサーバ設定変更」をクリックしてネームサーバの設定は完了です。

 

これで、あなたのドメインをインターネット上で検索するための設定が完了しました。

ただ、これだけではまだあなたのドメインを使うことはできません。

次に、ドメインとレンタルサーバーの紐付けを行います。

 

まだまだ先は長いですが、一緒に頑張りましょう…!!

ドメインをエックスサーバーに登録

次に行うのは、取得したドメインをエックスサーバーに登録する作業です。

ドメインを取得して、レンタルサーバーを借りても、二つを紐付けないといけません。

 

それでは作業に移りましょう。

エックスサーバーのサーバーパネルで、「ドメイン」欄にある「ドメイン設定」をクリックします。

 

そうすると、下の図のような画面に遷移しますので、「ドメイン設定の追加」タブをクリックします。

 

下の画面が表示されるので、取得したドメインを「ドメイン名」のところに入力します。

このとき、

  • 無料独自SSLを利用する(推奨)
  • 高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)

の2つの項目はどちらもチェックを入れたままで結構です。

最後に、「ドメイン設定の追加(確認)」ボタンをクリックします。

 

確認画面になるので、「ドメイン設定の追加(確定)」をクリックします。

これでドメインの設定は完了です。

 WordPressのインストール

それでは次に、実際にブログやホームページを作成するためにWordPressというものをインストールしましょう。

 

WordPressは、ブログやホームページを作りためのアプリのようなものです。

これが、先ほど言った、「あなたのブログやホームページの元となるデータ」です。

今後、あなたのブログやホームページはサーバーにインストールしたWordPressを操作することで編集を行います。

そして、WordPressで記事やページを作成することで、ブログやホームページを作っていくのです。

 

それでは作業に移りましょう。

エックスサーバーのサーバーパネルで、「WordPress」欄にある「WordPress簡単インストール」をクリックします。

 

「ドメイン選択画面」で登録したドメインの横の「選択する」をクリックします。

 

WordPressのインストール」タブをクリックします。

 

そうすると、下の図のような入力画面が表示されます。
赤枠内に「ブログ名」、「ユーザ名」、「パスワード」、「メールアドレス」を入力します。

ブログ名」は後からでも変更できますので、決まっていなければ自由に名前をつけておいても大丈夫です。

ユーザ名」と「パスワード」は、ブログの管理画面にログインするときに必要な情報です。
自分がわかりやすい情報を入力してください。

メールアドレス」は、管理者用のメールアドレスになりますので、使用できるものを入力してください。

キャッシュ自動削除」と「データベース」のチェックはデフォルトのままで結構です。

最後に「インストール(確認)」をクリックしてください。
※ただし、まだインストールされません。

 

そうすると、入力情報の確認画面が表示されるので、それでよろしければ、「インストール(確定)」をクリックします。

 

すると、インストールが完了して、下の画面が表示されます。

重要な情報ですのでスクリーンショットなどを撮って保存しておくことをオススメします。

 

「インストール済みWordPressの一覧」タブをクリックすると下の図のように表示されます。

URLをクリックしてインストールされているか確認してみましょう。
なお、WordPressのインストールには多少時間がかかるため、すぐには表示されないかもしれません。
その時は、少し時間をおいてみましょう。

URLをクリックして、画面が表示されれば正常にインストールされていますので、作業は完了です。

サイトのSSL化

最後に、サイトのSSL化を行います。

「SSL化」という聞き慣れない言葉に拒否反応を起こしてしまうかもしれませんが、全く難しくないので安心してください。

SSL化に関する手順は結構ボリュームがあるので、下の記事にまとめました。

「手順5.WordPressのインストール」まで完了したら、必ず「SSL化」を行ってください。

なぜなら、ブログやホームページを始めたばかりの時期に設定する方が断然楽だからです。

それでは、作業に移つりましょう。

【WordPress】httpからhttpsへ変更(SSL化)するための6ステップ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「ドメインを取得してブログを開設するなんて難しそう!」

と思われていたかもしれませんが、やってみれば案外簡単です。

「ブログを開設したい」

「自分のお店のホームページを作りたい」

と思っているのなら、この機会に是非、ブログ開設、ホームページ開設にチャレンジしてみてください。

WordPressの操作方法や設定方法については、随時、別の記事にまとめていますので、そちらをご覧ください。

【WordPress】バックアップに便利なプラグイン「BackWPup」とは? 【WordPress】文字列を一括で置換できるプラグイン「Search Regex」の使い方 【WordPress】サイト速度を改善してくれる「WP Fastest Cache」の正しい設定方法

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です